順調に回復するインバウンド需要!

あなたの店舗は対策できていますか?


最近、「インバウンド」という言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。
インバウンドとは業界によって意味が異なることもありますが、日本の旅行業界を中心に「日本を訪れる観光客」という意味で使われています。
新型コロナウイルスの蔓延により、日本のインバウンド需要も大幅に減少しました。しかし、どの国でも少しずつ行動範囲を広げてレジャーを楽しむ人が増えてきています。
今後、少しずつコロナ禍前の状況に戻ってくることが考えられます。世界各国の人が行動範囲を広げてレジャーを楽しむようになれば、日本のインバウンド需要は再び大きく上昇することが考えられます。

現在のインバウンドの実情は?


データ参照:日本政府観光局(JNTO)

先日、日本政府観光局(JNTO)より、2023年8月の訪日外国人数(推計値)が発表されました。その数は215万6900人で、2019年同月比85.6%となり、回復率では前月を上回り、新型コロナウイルス拡大後、初めて8割を超えました。
訪日外客数を見ると23市場中13市場が2019年同月の訪日外客数を上回っています。特に東アジア地域では香港、東南アジア地域ではインドネシアやフィリピン、欧米豪中東地域では米国やカナダ等で訪日外客数が増加したことが回復率の押し上げ要因となっています。

今からインバウンドに向けた対応を準備していくことが非常に重要になってきます!


インバウンド対策におけるWebツール


インバウンド対策において重要なのは、訪日観光客に「店舗やサービスを認知」してもらうことです。
Googleビジネスプロフィールは、店舗・企業の認知拡大やクチコミ・ユーザー層の分析など、様々な方法で集客効率化へ繋げることができるサービスです。また、Googleページの言語はモバイル端末の言語にあわせて自動翻訳表示されるため、訪日観光客にも自店舗の存在をアピールすることができます。
実店舗内での多言語化を進めることだけでなく、オンライン上でも多言語対応を進めることが、訪日観光客誘致のカギとなります。
特に訪日観光客の多くは、観光先の情報を事前にインターネットで調べることが多いので、そこで情報が優先的に伝わるように管理しておくことは集客に大きな効果が期待できます。


インバウンド対策を成功させる2つのポイント

訪日観光客に受けるポイントや魅力を明確にする


訪日観光客に、提供する商品やサービスがいかに魅力的かを、雰囲気が分かる写真や動画などで伝え、来店してもらい満足度をあげることでおのずと店舗へのリピート率もあがります。また、訪れた外国人がその魅力をSNS等で拡散してくれれば、より多くのインバウンド需要にも繋がります。訪問客が増えれば増えるほど好みや行動が予測しやすくなり、更にインバウンド対策を打ちやすくなります。

魅力あふれるコンテンツを相手に届くようにする


店舗や企業に魅力があったとしても、訪日観光客に知ってもらわなければ意味がないものになってしまいます。例えば、Webサイトの言語が日本語だけでは立ち止まってもらえない可能性がでてきます。まずはWebサイトや各種SNS等の情報発信ツールの多言語化を行い、魅力を正確に伝えることが大事になります。
自国の言語でわかることによって、訪れた外国人にも好印象を与えることができます。

Googleビジネスプロフィールは検索ページやGoogleマップとの連動もしていることから、たくさんの人が利用しているツールです。うまく活用し、情報発信をすることは集客にも有効な手段と言えます。また、店舗や企業の基本情報に加え、クチコミやユーザー(利用者)のアクセス管理もできるため、経営のマーケティングツールとしての活用も可能になります。
訪日観光客にあなたの店舗をより知ってもらうには意味が正しく伝わるようしっかりとメンテナンスをしておくことが重要です。

インバウンドが注目されている今、Googleビジネスプロフィールを活用し情報発信をしていきませんか?表示灯がお手伝いいたします!

お問い合わせはこちら

※実在の店舗や拠点がない場合は、掲載できません。
対象とならないビジネスもございますので、まずはお気軽にお問い合わせください。