ビジネスシーンにおいて近年よく耳にする「MEO(エムイーオー)」。
アルファベット3文字のビジネス用語というだけでなんだか難しいものに思えてしまいますが、経営者のかたや集客を担当するかたなら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

このページではMEOについて、分かりやすく解説していきます。

このページで分かること

1.MEOとはいったい何か?
2.SEOとMEOの違いは?
3.なぜMEOが必要なのか?
4.MEOにはどんなメリット・デメリットがあるか?
5.何からMEOを始めたらよいのか?

★ ココだけは抑えておきたい3つのポイント!

MEOとは?分かりやすく解説



1.MEOとはいったい何か?


MEOとは「Map Engine Optimization(マップエンジンオプティマイゼーション)」の頭文字をとったもので、日本語にすると「マップエンジンの最適化」と訳されます。もう少しやさしい言葉に言い換えると「地図検索での検索結果で上位に表示されること」、具体的にはGoogleビジネスプロフィールの検索評価を向上させ、集客・集客につなげる施策全般のことをMEOといいます。


2.SEOとMEOの違いは?


SEO・MEOどちらも検索結果での表示順位を上げるための施策を意味していますが、SEOの場合はおもに自社のホームページ等のコンテンツを検索結果で上位表示させることを目的としています。

それに対しMEOは、Googleマップで地名などからお店やサービスを検索した時に、地図上の検索結果で上位に表示されるように対策し、実際に店舗を訪れてもらうことを目的としています。


3.なぜMEOが必要なのか?


スマートフォンからの検索が増えたことで、現在地情報を利用して「この近くの○○」等、いつでもどこからでも目的にあった店舗を検索できるようになりました。そして、その検索結果はGoogleでエリアに特化した検索結果に「Googleビジネスプロフィール」として店舗情報が表示されるため、実店舗を持つビジネスにとっては、店舗周辺のユーザーや見込み顧客の獲得に大きく寄与します。

また、この「Googleビジネスプロフィール」は、インターネット上に存在しているあらゆる情報から自動生成されてしまうことがあるため、誤った情報や古い情報が表示され続けてしまうことを防ぐためにも正しい情報発信が必要といえます。MEO対策を行うことは、実際の来店数や売上にも大きく関わってくるため、実店舗をもつあらゆるビジネスで注目されています。


4.どんなメリット・デメリットがあるか?


メリット
 ・位置検索するユーザーの目に留まりやすい
 ・来店見込みの高いユーザーに訴求できる
 ・来店を促すために必要な情報を網羅できる

デメリット
 ・ネガティブな口コミをもらう可能性がある
 ・対策できるビジネスが限られる

  (実店舗をもたないビジネスには不向き)


5.何から始めたらよいのか?


まずは実際に自身の事業所をGoogleから地図検索して、図のようなビジネス情報が正しく表示されることを確認してみましょう!

表示されない場合や、誤った情報が表示されている場合は、お気軽にお問い合わせいただけるお問い合わせフォームもご用意いたしましたので是非ご活用ください。

Googleビジネスプロフィール例

\ ココだけは抑えておきたい3つのポイント /

実際に自店舗をGoogleから地図検索してみましょう!

1

Googleマップの正しい位置にピンが立っていますか?


地図上に赤いピンが立っていない場合は地点登録をすることが最初のステップとなります。

2

店名や企業名は正しく表示されていますか?


オーナー権限を取得することで様々なビジネス情報が登録可能になります。

3

営業時間や電話番号は正しく表示されていますか?


営業時間や定休日や電話番号が表示されない、または間違っている場合は修正が必要です。

 大変ご好評いただいております! 

表示灯株式会社ではこのGoogleビジネス情報に関する

ご質問・ご相談を随時受け付けております。

小さなことでもお気軽にお問い合わせください。

 

Copyright (C) 2023 Hyojito All Rights Reserved.